わきが 洗い方

わきがの脇の洗い方の注意点

 

わきがで悩んでいる人は、
お風呂で脇を洗うのに気をつけている人もいるでしょう。

 

しかし、その洗い方が逆にわきがを
悪化させている場合もあるかもしれないのです。

 

わきが対策

 

脇を洗う時、臭いを取るためにスポンジなどで
ゴシゴシと強めに洗っている時ありませんか?

 

 

臭いを取りたいという気持ちからこのような洗い方を
してしまう場合がありますが、これはNGです。

 

また脇の臭いを気にして何回も洗うのも、
結果的にわきがを悪化させる原因の一つになっているのです。

 

脇はゴシゴシ洗いや洗いすぎてしまうと、
必要な分の皮脂がなくなってしまいます。

 

 

皮脂にも大切な役割があるのにそれを取りすぎてしまうと、
肌を守るために過剰に皮脂が出てしまうという悪循環がうまれます。

 

 

過剰に出た皮脂には、それを餌とする
黄色ブドウ球菌などの常在菌がいっぱい集まってきます。

 

この常在菌が臭いの元と言われているのです。

 

良かれと思ってやっていた事が、
実はわきがを悪化させているのですね。

 

 

また、脇用のデオドラント剤がきちんと
洗い流されていない事が原因で、臭いが出る場合もあります。

 

臭いを発生させる常在菌は石鹸カスなどの
残りも大好きなので、集まってくるのです。

 

今のデオドラント剤は高機能であり、
水を弾くようなものもあるため、きちんと洗い流す事が大切です。

 

脇の正しい洗い方はまずきちんと脇にシャワーを当てて
皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせるのがポイントです。

 

そこにボディソープをつけて洗うのですが、おすすめは
手やスポンジではなく泡立てた泡でクルクルと洗うのがコツです。

 

 

スポンジで洗う場合も、
ナイロン製ではなくケナフなどの天然素材が良いでしょう。

 

 

泡は毛穴の小さいところまで入って行きますし、
刺激なく優しく洗う事ができるのです。

 

泡で優しく洗う事ができたら再びシャワーで洗い流すのですが、
洗い残しが無いようにしっかりと洗い流しましょう。

 

 

そして、洗った後はタオルで拭く時にもゴシゴシと拭かないようにしましょう。
タオルを丸めてポンポンと水気を拭き取るのがおすすめです。