わきが 衣類 洗い方

わきがの人の衣類の洗い方のコツ

 

わきがは何も臭いだけの問題ではありません。
わきがを気にしている人は、臭いの他にも衣類への
汗ジミや臭いがついたシャツの洗い方にも困る事が多いでしょう。

 

普通に洗濯していても、蓄積された
汚れは例えば白いシャツだとすぐに分かります。

 

脇だけでなく襟や袖も色が付きますね。

 

また、衣替えの時に去年きちんと洗ったのに出してみると、
脇の部分が黄色く変色してしまって着る気持ちになれないこと、ありますよね。

 

 

衣類は繊維なので、わきがに関わらず色々な臭いを吸い込んでしまいます。
特にわきがの臭いを消すためには、通常通りの洗濯では
とりきれないので少しコツがいるのです。

 

 

とは言え難しい事は特になく、洗濯する前の段階に一手間かけるだけになります。
同じ洗濯用品の一つとしてよく見かける、漂白剤がありますね。

 

漂白剤は色を白くするという目的以外にも
除菌や消臭効果に非常に優れている面を持っています。

 

 

漂白剤には二種類あり、塩素系漂白剤と言われる
少しツンとした臭いの漂白剤と、臭いが無臭の酸素系漂白剤があります。

 

 

塩素系漂白剤は白い衣類には使えますが、
他の色の衣類は色落ちしてしまうので注意が必要です。

 

 

また、白くてもブラウスなど洗濯表示に黒ずみの原因となる、
とかかれている衣類も多くあるので気をつけましょう。

 

 

お湯の方が漂白剤のパワーを、最大限に引き出すことができるので、
40度くらいのお湯を用意し、そこに1リットルにつき10CCほどの漂白剤を溶かします。

 

 

そこに気になる部分を浸すだけで終了です。
汚れや汗の量にもよりますが、大体一、二時間ほどつけ置きすれば
良いのですが、途中さらにお湯を足しておくと温度が下がらずより効果的です。

 

 

また、浸した後はそのまま洗濯機に入れないで
一度綺麗に水ですすいでから洗濯しましょう。

 

 

汚れがまだついたままで洗濯してしまうと、
他の衣類にも影響しますので一度洗うのがポイントです。

 

 

また、クリーニングに出す場合には
汗抜きサービスがあるのでそちらを利用する事をおすすめします。